mama's Blog

K-9車椅子は、DM(変性性脊髄症)の進行に合わせて調整が可能です。

1996年生まれの愛犬のコーギー(どしゃ)は、多分DM(変性性脊髄症)でした。

その時の経験を活かして、当店では特に、車椅子の調整に力を注いでいます。

もちろん事故や病気、老化で車いすが必要なわんちゃんにも、出来るだけ負担を掛けないように、細かく調整しその子にぴったり合うように努めています。

DMは、その頃は全く一般的では無かった病名で、右も左もわからないままのに病気の進行ごとに対応を考えて向き合っていました。愛犬が7才の時、丸一日ケージに入り出て来ず(3才下のタールが来るまでケージに自ら入ることがありませんでしたが、しつこく構ってと絡んでくるタールから逃げるためにケージに自ら逃げ込むことを覚えました。)その時の診断はヘルニアの可能性があるが、7才という年齢からそうとも言えない。というものでした。

その時はサプリメントやレーザー治療・鍼灸などに通い、10才までは普通に歩けるようになり過ごしていましたが、10才のある日突然後ろ足を引きずり始め、その後の進行は本当にDMの進行の例そのままでした。

15才で亡くなるまで、普通ならもう少しゆっくり訪れただろう老化が短期間に進行し、愛犬の介護をか駆け足で経験する事になりました。

その時の経験が介護の悩みを明るく話し合う店内座談会になり、その後お互いの介護の体験から情報を交換し合える(犬友の輪を広げよう会シニア会)の発足に繋がっています。

今はその座談会で得た情報がとても役立っています。

DMのコーギーちゃんに車椅子を使っていただく機会が当店で圧倒的に多く、進行に伴い2輪から4輪に変更される方が多いです。

4輪でも動きの良い間は出来るだけ前のサドルは取り付けずに、まず4輪の車輪で転倒は防ぎ2輪の車椅子では立ち上がりや、一歩目が出にくいわんちゃんにお勧めです。

その後4輪でも前足にも後ろと同じサドルを取り付け、胸をしっかりとホールドし、お散歩を快適に過ごしていただきます。

その後あごが下がってきて、歩きにくそうと感じられたら今までの部材を駆使して顎乗せを取り付けます。

そうすると又、快適にお散歩を楽しんでいただけます。それと同時に食事やお手入れ、圧迫排尿や排尿排尿の介助にもとても役立ってくれます。

 

 

28DSCF0024  28DSCF0026  28DSCF0030    28DSCF0032  28DSCF0033 28DSCF0034

2016年8月28日|DM(変性性脊髄症) mama シニア・介護・DM 犬友の輪 ペット用介護用品 未分類 犬友の輪を広げよう会

K-9 ペット用 補助車椅子 重要なお知らせ

K-9よりお知らせがあり、ペット用車椅子の色が変更になりました。

今後は白もしくは、特別オーダーでピンクも可能です。

 

6DSC_1508  6DSC_1510  6DSC_1513

2016年8月6日|DM(変性性脊髄症) シニア・介護・DM 犬友の輪 ペット用介護用品 用品

無麻酔歯石除去 

毎月1回、定期的に獣医さんによる無麻酔歯石除去を当店2Fで行っておりますが、大変ご好評を頂いており、

本日ご予約いただきましても、一番早いお日にちが来年2017年4月のご予約となってしまします。

キャンセル待ちも20件を超えており、永らくお待ちいただいておりますので、ご予約状況の変動も多くなっております。

ご予約はお電話でのみとさせていただきます。

申し訳ありませんが、ご予約情報の確認の為宜しくお願いしたします。

14DSCF9490 14DSCF9491 14DSCF9494

とっても頑張ってくれました!

ぴかぴかですね。

 

2016年6月14日|お友達 ペットケア

あご乗せの使用法 介護中のどしゃバージョン

懐かしい写真が出てきました。

10DSCF3900  10DSCF3901

DMのため(2010年頃。その頃どしゃは14才でDMという言葉も一般的では無かったころです。)

後ろ足から麻痺が始まり、前足で上体を支えるのもしんどくなっってきた頃。

あご乗せのぬいぐるみを見つけ、早速試しました

10DSCF3904  10DSCF3911

普段床ずれ防止のため体制をコロコロ変えてみたりり、アウトドア用品のベンチに乗せて蒸れを防いだり(これは寝たきり状態より飼い主の顔も近くで見れて、お世話もしやすくて好評でした。)水やフードを与えるのも上に置いて下からの方が飲食を易そうでした。

後ろ脚の間の蒸れや傷も気になるので、時々挟んでました。

10DSCF3915  10DSCF3919  10DSCF3917

いつも一緒で、今思い出してもおりこうだったどしゃ。

今でも写真を見ると胸を締め付けられる感じがするのは、15才と20日一緒に過ごせたのに、ちゃんと向かい合っていられたか、良い飼い主だったのか?と自問自答してしまうから。

特に介護が必要になってからは、正しいやり方や愛犬がどうして欲しいのか、どうすれば良いのか答えが見つからず困っていても、いつも穏やかな目でただじっと見つめてくれていたから。

愛犬の介護でお困りでしたら、是非一度座談会にもいらしてくださいね。

犬友の輪を広げよう会

 

2016年6月10日|DM(変性性脊髄症) mama ペット用介護用品 犬のおもちゃ

リズちゃんリロちゃんの抜け毛防止オーダーウエア2 

色んな寝相の子がいますよね・・・。

完全に絶対!脱げないというのは無理かもしれませんが、さらに改良を加えて微妙に縁の柄も変えて第2弾の全身用オーダーウエアを改良して制作させていただきました。

他のわんこさんとは体型が異なる胴長短足犬のコーギーだからこそのオーダーウエア

他の市販の形では合わないわんこさんにも大好評です。

5DSC_0165 5DSC_0154  5DSC_0157  5DSC_0160

さらに進化しました!

 

 

2016年6月5日|mama お友達 ウエア コーギー用 ウエア

トイプードル ケリーちゃん アフロヘアー♪

とっても可愛いケリーちゃん♪

テディベアからアフロヘアーにするのは、耳の上の毛が伸びるまで大変ですが、とってもお似合いです!

64DSC_0075 64DSC_0076 64DSC_0066 64DSC_0058

今日はとってもお似合いのショートタンクトップを着て帰ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

2016年6月4日|お友達

コーギーのハルちゃん

2カ月ぶりに元気いっぱいにトリミングに来てくれました!

大きな病気を乗り越えて、元気一杯の笑顔を振りまいてくれたハルちゃんに、ついつい嬉しくて写真を撮らせてもらいました。折角帰るためにケージに入ってくれたのに、何度も出てきてもらってごめんなさいね。

 

29DSC_3464  29DSC_3473  29DSC_3477

本日のリボンは紫陽花。とってもお似合いですね。

ぷりぷりの桃尻も最高!顔をうずめたくなるのはコギ飼いの宿命?

 

2016年5月29日|DOG&LIFE East mama えっ?皆すると思ってた? お友達

数日違いのミニチュア・シュナウザーちゃん♪

本日1月と2月生まれのミニチュア・シュナウザーちゃんがお店でバッタリ。

女の子と男の子ですが、2匹ともはにかんで本当に可愛い♪

3DSC_3262 3DSC_3264 3DSC_3266

男の子のLotty君は、今日が初トリミングで、子犬のイメージからすっかり男前に!

又待ち合わせしてデートしてくださいね♪

3DSC_3269  3DSC_3274 3IMGP7067

あれ?後ろから誰か覗いてる???とっても可愛いです。

 

2016年5月22日|DOG&LIFE East お友達

4輪車椅子に乗せるともう歩けない?まさか、とんでもない!

2輪の補助車椅子から4輪に変更されるのに、躊躇される理由で最も多いお返事が・・・・

(4輪にすると、もう自分では歩けなくなるのでしょう?)というものです。我が家のわんこもそうでしたが、DM(変性性脊髄症)の場合は、後ろ足から前足が順番に麻痺してきます。

でも気持ちはまだまだ前に進みたい。

2輪の時もそうですが、自分の意志で好きに動きたい!歩いたり、おもちゃを追いかけたり、昔と同じような目線で、元気な頃の高さで過ごす時間はとても大切。(カートや抱っこも大好きだけど、生活してきた目線の高さでも、少しの時間でも過ごしたい。)そんな気持ちが、乗せてみると、はっきりと伝わってきます。

4輪に乗せ換えると、2輪では前足が弱ってしんどくなってきた様子で、もうあんまり歩けない・・・としょんぼりしていた表情に、また笑顔が出てきます!

昨日2輪から4輪に変更するかどうかご相談に来てくださったミミちゃん11歳。

自分では自宅で歩き回れないため、暑さ対策も一緒に考えました。

 

こちらはホームナースを敷いてもらって、ご機嫌になったミミちゃん。

22DSC_3222

4輪に乗ってもらって、本犬の変化に、4輪に変更することに。

22DSC_3228 22DSC_3229

22DSC_3230 22DSC_3233

お腹のサドルも使用して、体重を支えなくてもしっかり立てるようになって嬉しそう!

22DSC_3234 22DSC_3238 22DSC_3243

2輪から4輪にすると、軽量とはいえ、車いす本体の重量が増すので、出だしは飼い主さんに手伝ってもらうことが多いです。

そこから、自分の意志でどんどん進んでくれます。わんちゃんはもちろんですが、飼い主様も自然と笑顔がこぼれます♪

 

 

 

 

 

2016年5月22日|DM(変性性脊髄症) お友達 ペット用介護用品

シニア犬座談会にあと1カ月で16才のローラーと行ってきました。

15才と11カ月のハイシニア犬とのお出かけは荷物が多くなります。

車移動が基本ですが、駐車場から目的地まで歩けないので、基本的にカートか車いすが必要で、その他粗相への対処のためのグッズや、カフェマット代わりに暑さ寒さ対策を兼ねてのブレスエアーなどの高反発マット。

飲み物や時間通りの生活のため、専用の薬やフード類、お出かけ時でも出来るだけ普段通りに過ごさせるのが、一番体と精神面にも負担をかけず、帰宅後も疲労が少ない気がします。

まずは腹ごしらえをさせて出発。

15DSCF8271

現地に着いたらまず粗相をさせないように排尿。(ハイシニアでも、粗相をすると自分でしょんぼり)

15DSCF8274 15DSCF8277 15DSCF8278

今回は写真参加のつぶらちゃんも。可愛い写真立てに質問集中。

15DSCF8283

いつもの美味しいお食事を頂きながら準備が始まります。

15DSCF8285 15DSCF8298 15DSCF8299

15DSCF8286 15DSCF8289 15DSCF8292 15DSCF8310 15DSCF8313 15DSCF8318 15DSCF8291 15DSCF8322 15DSCF8324

今回のテーマ以外にも沢山のお話を伺うことが出来ました。

そして、虹の橋を渡った子たちの飼い主様から譲り受けたおやつやフード・グッズ・介護用品を次のわんこ達へ譲られる様子を見て(ビアにもいただきました。)本当にありがたい素晴らしい思いで一杯になりました。

今回もローラーの体調や他のわんちゃんたちにご迷惑にならないかと思いながらも(ローラーは未だに不良なので、他のわんこさんに威嚇することもありまして・・・・。)

参加させて頂いて本当に良かったと思いながら岐路につきました。

今回のテーマや中身は、犬友の輪を広げよう会のHPに詳しくアップされています。

是非ご覧ください。

 

2016年5月20日|お友達 シニア・介護・DM 犬友の輪 犬友の輪を広げよう会

2 / 10312345...102030...最後 »

ページ上部に戻る