mama's Blog

タール闘病記 15 

JUGEMテーマ:ペット

嬉しい話・怖い話・

今日はますます表情に元気さが見られます。
傷口がくっついてきて痒いのか、掻こうとするので、面会の間気を紛らわそうとあの手この手(おやつで気を引いたり、話しかけたり、足を押さえたり。)
ちゃんと大人しく静養して下さい。

   

11日にお腹に硬く大きな腫瘍を見つけ、タールの闘病が始まりました。摘出してもらったら拳ほどの大きさで、一部溶けて膵臓にも炎症を引き起こしていたそうです。
他の一部はどこかに癒着し、お腹が痛かっただろうと言われました。

14才で心臓内部が狭まっており、微妙な投薬調整を続けて良い状態を保っていますが、少しバランスが変わるたびに調整してもらはないと、発作が起きたりと危うい毎日を送っていました。(発作時に死に至る事もあるとお聞きし、肝に銘じながら日々暮らしていました。)

今回の闘病中も、とにかく心臓に負担を掛けないことを第一に考えていただきながらの毎日でした。
検査も長時間に渡るMRIやCTは避け、注射器による細胞採取の遺伝子検査でリンパに悪性の物が見つかり、同時にお腹の腫瘍も悪性と判明しました。

体力と本犬の状態と病気の進行の順番など、かなり時間を掛けて相談した結果、まずお腹の腫瘍を外科手術で取り除いていただきました。

その際先生の気になられていた、リンパの一部を腫瘍の摘出と同時に素早く大きめに採取して、遺伝子以外の検査にも出して、今後のリンパ腫との戦いに望む方向性を決めるために再検査に出していただきました。
検査の結果、リンパ腫の可能性はほぼ無くなりました。お腹の腫瘍のせいだったかもしれません。

90パーセント以上の検査結果を誇る検査でも、異なる結果が出ることがあるのですね。

今回の結果はタールにとっては嬉しいことですが、お腹の悪者退治よりまず抗がん剤の内科治療を始めていたら、体力が落ち外科手術まで出来なかったかもしれません。その前にもうタールはいなかったかもしれません。

今、どう受け止めるべきか、少し混乱していますが、タールにとっては
本当にすばらしい先生に巡り合えて良かった。
そしてたくさんの方に応援してもらったことで、焦らずに一番良い結果にたどり着けて、本当に良かった、そう思っています。

タールは近日中に退院できる見込みです。

 

2013年6月28日|ペットケア

タール闘病記 14

JUGEMテーマ:ペット

22日の手術後 翌日は調子が良く、その翌日は信じられないほどぐったり・・・・。
その後は調子が落ち込むことなく無事に手術後4日目を迎えました。
  

目にどんどん力が付いてきた様子。
面会に行くとケージから出たがります。イタズラできるほど元気が出てきました。
ドーナツカラーで、点滴ガジガジをガード。
ん?何かに似てる?

   

ぷぷっ。なんだか明るいぱあっと笑顔がそっくり?そんな事を思えるのが幸せです。

 

2013年6月28日|ペットケア

タール闘病記13

JUGEMテーマ:ペット

26日昼間の様子。
   
昨日より確実に元気になっている様子。
動き方、回り方も少しずつ力強くなってきました。
差し入れのおやつを少し与えてみると、もっと食べると欲しがって鼻でクンクンと呼びます。
フードもしっかり食べています。
そうなるとやはり・・・・。昨夜又点滴を自分で外したそうです・・・。

 

2013年6月26日|ペットケア

タール闘病記 12

JUGEMテーマ:ペット

25日の夜の面会。
   

昨日は本当にぐったりしていて驚きましたが、今日は随分目力が戻りました。
油断してたら、(もう、そろそろ帰ろうか?)とケージから出たがるほど元気になってきました。
点滴も順調に入っている様子で、手術の経過部分の痛みはあるけれど、少し楽そうです。

 

2013年6月26日|ペットケア

タール闘病記 11

JUGEMテーマ:ペット

今日は昨日の順調な回復の後なので、のんびり面会に行きました。

???到着すると診察室の台の上で横たわっているタール????
トローンとした雰囲気で、首も上げられない・・・。え?何故?

せっかく手術を乗り越えたのだから、もう少し頑張って欲しい。
年齢の壁もあるようで、何かの原因で発熱しているようです。

その後処置は続き、ようやく回復の兆しが。ふぅー。やはりかなりの波が起こり得る可能性があるのですね。・・・油断は出来ないのですね。
とりあえずまた今夜も峠を越えた様子。

 

 

2013年6月24日|ペットケア

タール闘病記 10

JUGEMテーマ:ペット

昨日、術後1日目。
面会に行くと、思っていたよりうーんと元気そうな顔をしていました。
その後フードも食べて薬もおやつでくるんでしっかり食べてくれました。私にとっては信じられない回復の様子です。その後家に戻り、皆に報告。
ノーフォークズと遊んで、久しぶりに熟睡できました。本当に良かった。

 

 

2013年6月24日|ペットケア

タール闘病記9

JUGEMテーマ:ペット

もうすぐ手術が始まります。
  
ん?誰か来たの?
   

点滴を踏んだり外した入りしないように見張りながら、ストレスが少しでも軽減されるようにぎりぎりまで撫でさせて貰っていました。

6月22日夜8時55分タールの麻酔が始まりました。

14才という年齢もあり、目の前ですぐにふらふらっと・・・。
その後心臓への負担を最小限に抑えるため、超微妙なさじ加減をしながら素早く麻酔量を調節し・・・・すぐに目の前で眠りました。
そのまますっと抱きかかえられて手術室に。あっという間に手術が始まりました。
(タール、元気にとは言えないけど、とにかく生きて戻ってきて。頑張ってもう一度目を明けて!)と心の中で念じながら見つめていました。

手術が始まって30分も立たない間に、外から触っていた形の大きな塊がしっかり取り出され、切除されました。
心臓は手術には耐えてくれた。次は無事に目覚めてくれるかどうか。心臓が持つかどうか。

4年前とはやはり比べ物にならないほど目覚めが遅い・・・。

酸素量を加減しながら酸素マスクに切替られました。
徐々に無理をさせずゆっくり目覚めを待つ・・・。
なんども口元の酸素マスクを嫌がるそぶり。その度に口元の差し込み方や酸素量を加減してもらっている様子。
タールの身体は震えている。先生に尋ねると、切除の痛みと他にも色々痛いらしい。
ただ痛み止めも心臓の兼ね合いから安易には打てないらしく、少しだけ注射してもらっていた。

麻酔が切れたのを確認後、酸素室に運ばれて行きました。

長い長い時間が流れ・・・。まだ完全に横たわったまま口元がふわふわしている。
麻酔は切れたはずなのに、やはり目覚めが遅い。
そして・・・・突然ふっと目覚めた!

ありがとうタール。

頑張った!本当に良く頑張ったね。痛い思いを何度もさせてごめんね。

切除した物体を観察すると、かなり痛みがあった様子。

10歳以上のコーギーにはほとんど見られると言われているヘルニアの痛みかと思っていたけれど、最近腰を丸めて痛そうに歩いていたのは、この腫瘍のせいもあっただろう言うことでした。
組織の一部が溶け出して内臓を刺激している部分と、お腹の内部に引きつれを起こさせていたそうです。考えると痛いのがなんとなくわかります。

まず、1個無事に悪者を退治できました。
術後の経過も無事に乗り越えられますように。

いつも2匹でお留守番しているローラーも1匹で少し寂しそうにしています。
早くタールが戻って来られると良いね。

 

 

2013年6月23日|ペットケア

タール闘病記8

JUGEMテーマ:ペット

昼間に病院に様子を見に行きました。
調子がよければ手術の可能性がありましたが、血液検査の内容は少しずつ良くなっているのに、状態が下がってきました。
面会に行くと、確かに元気が無いかも・・・。目がまたほぼ見えていない様子。
家から離れ、ローラーにも会えず手術準備で食べ物・水の制限も続いているので、ストレスだと思います。
一緒に数メートルですが散歩をして、ずっと横に居させて貰って少し落ち着いて眠り始めました。
検査の状態と本人の状態・・・もうそろそろタイムリミットが近づいているようです。
今夜手術の予定になりました。

 無事に乗り越えられると信じています。

2013年6月22日|ペットケア

タール闘病記7

JUGEMテーマ:ペット

今日お昼面会に。病院の前を散歩させてもらう。
イタズラ小僧は元気に歩きました。
    

この写真は先々週少し時間が出来たので朽木までドライブした時の写真です。

夜又面会に。同じように小雨の中少しの距離だけど一緒にお散歩。
うん?数値通り少し状態が良くなっている気がする。
歩き方にふら付きが減り、少し力強さを感じます。
明日、手術できるかな?無理せずにベストのタイミングを待ちましょうね。

 

2013年6月21日|ペットケア

タール闘病記6 悪戯?

JUGEMテーマ:ペット

昨夜手術の予定で全ての準備が整い、バリカンも済み、注射の用意も整い、手術室に入る最終検査で、NOサインが出ました。
悪者腫瘍によるものと、手術準備の絶食・水抜きで、加齢による体力低下と脱水状態とその他あまり良くない結果に・・・。
一日点滴を受けてベストな状態を作り上げてからもう一度挑戦することになりました。
21日に再挑戦できるかと思っていたら、先程、タールが点滴を引っこ抜いたと情報が入り・・・・。
薄暗いとほとんど見えないので、昨夜手術の延期が決まり、フードを与えた時も、何となく一緒に食べてしまいそうな気配はあったのですが・・・。
こんな時にそんな悪戯をするんです・・・タールって・・・。昔っからそんな子でしたね、そういえば・・・・。
もう先生にお任せしてベストな状態のときを見計らって、まず悪者1個、綺麗に取れると良いな。

  
点滴で少し元気になったタール。

  

2013年6月21日|ペットケア

ページ上部に戻る